天頂山

雪解けを名残惜しむかのように、知床峠付近の山へ通う日々です。

5/14 知西別岳
プライベートで、友人のプロスノーボーダーやカメラマンと撮影ツアー。

DSCN5917
山頂付近ではハイマツ漕ぎ

DSCN5921
山頂にて

DSCN5928
今回は知西別川源頭斜面(南東斜面)の滑降へ初挑戦。
スケール、斜度ともに申し分ない最高の斜面でしたが、登り返しが大変でした。

DSCN5942
知床連山をバックに滑れるこの山のロケーションは最高です。

DSCN5978
羅臼湖まで降りてきたら、ヒグマのお出迎えでした。

5/22 天頂山~羅臼湖の湖沼巡り
この日は町民ツアーで、20℃を越える真夏のような気候でした。
DSCN6105
火口湖に映り込む羅臼岳

DSCN6122
火口湖Cと羅臼岳

DSCN6126
ところどころでハイマツを漕いでいきます

DSCN6155

DSCN6161
雪解け時期はさまざまな色の火口湖が出現します

その後羅臼湖に降りて、知床峠までぐるっと一回り5時間ほどの山歩きでした。

天頂山~羅臼湖ツアーは5月末ころまで催行可能です。
天頂山火口湖めぐり春山登山

5/9に天頂山と羅臼湖の雪解け状況を視察してきました。

DSCN5715
天頂山火口湖。氷が融ければ羅臼岳が映り込みます

DSCN5720
羅臼岳をバックに

DSCN5749
青い火口湖

DSCN5757
天頂山から見た羅臼湖

DSCN5778
3.8の沼。ここも融雪とともに羅臼岳が映り込みます

DSCN5789
今だけの沼。夏は水が涸れて湿原になる

DSCN5801
一の沼。夏道が変わったので、残雪期しかアプローチできません

天気に恵まれ、美しい雪解けの火口湖など10個ほどの湖沼を見ることができました。
これから5月下旬にかけては、日々変化する湖沼巡りがおススメです。

天頂山火口湖巡り登山

残雪の羅臼湖トレッキング

あまりの晴天に導かれて、羅臼湖までスキーお散歩してきました。

DSCN2844
目梨望遥台から

DSCN2834
今や積雪期しか行けない、幻の「一の沼」

DSCN2803
湖沼は全て雪原だと思っていたが、意外とまだ凍り始めたばかりのようです。

DSCN2746
3.8の沼と羅臼岳

DSCN2756
いつもと違う角度からの羅臼湖と知西別岳

DSCN2767
ここまで熊の湯から約10㎞、所要3.5時間。
ラッセルもなく快晴無風の好条件とはいえ、改めて山スキーの機動性の良さを実感しました。
スノーシューであれば、日が長く雪の締まった3月でギリギリ日帰りできるくらいでしょう。

考えてみれば12月に羅臼湖へ来たのは初めて。
樹林帯は意外とパウダーで、今季初の滑降も良い訓練となりました。

冬の羅臼湖も、経験者に限りガイドを承っております。
知床倶楽部ガイド

今日は地元住民ツアーで天頂山へ

DSCN0783

DSCN0800

DSCN0821

DSCN0825

DSCN0860

変化に富んだルートを、アイゼン・ピッケル・尻滑りを駆使しながら火口湖めぐり。
初めてのハイマツ漕ぎや、雪解けの火口湖など近くに住んでいても知らなかった世界を再発見していただいたようです。

今日は、山で偶然出会った人たちがすべて知り合いの地元民でした。

天頂山の雪解けは進んでいますが、今月末くらいまでは楽しめそうです。
天頂山火口湖めぐり登山

5/1に知床横断道路が開通しました。
知床峠付近の春山を満喫できる、個人的には一番好きなシーズンです。
偵察がてら、早速登ってきました。

5/1 羅臼岳南西ルンゼ
とりあえず峠開通したらここへ登るのが慣例になっています。
DSCN0232
ルンゼ上部からの知床横断道路

DSCN0221
羅臼岳山頂は強風で立てず、這いつくばったままの撮影

南西ルンゼの滑降は快適なザラメ雪。あっという間に終わってしまいました。

5/2 天頂山~羅臼湖
DSCN0266
天頂山火口湖と羅臼岳

DSCN0275
知西別岳と羅臼湖

天頂山の爆裂火口をいくつも巡って羅臼湖へ下りました。
その後はこちらをご覧ください→今日の羅臼湖

天頂山は雪解けが進むこれから5月末までがおススメですよ。
天頂山火口湖めぐり登山