知西別岳

雪解けを名残惜しむかのように、知床峠付近の山へ通う日々です。

5/14 知西別岳
プライベートで、友人のプロスノーボーダーやカメラマンと撮影ツアー。

DSCN5917
山頂付近ではハイマツ漕ぎ

DSCN5921
山頂にて

DSCN5928
今回は知西別川源頭斜面(南東斜面)の滑降へ初挑戦。
スケール、斜度ともに申し分ない最高の斜面でしたが、登り返しが大変でした。

DSCN5942
知床連山をバックに滑れるこの山のロケーションは最高です。

DSCN5978
羅臼湖まで降りてきたら、ヒグマのお出迎えでした。

5/22 天頂山~羅臼湖の湖沼巡り
この日は町民ツアーで、20℃を越える真夏のような気候でした。
DSCN6105
火口湖に映り込む羅臼岳

DSCN6122
火口湖Cと羅臼岳

DSCN6126
ところどころでハイマツを漕いでいきます

DSCN6155

DSCN6161
雪解け時期はさまざまな色の火口湖が出現します

その後羅臼湖に降りて、知床峠までぐるっと一回り5時間ほどの山歩きでした。

天頂山~羅臼湖ツアーは5月末ころまで催行可能です。
天頂山火口湖めぐり春山登山

一昨年、連山縦走でご一緒したリピーター様をお迎えしてのGW特別プラン。

5/2 羅臼岳(岩尾別ルート)
当初は知床峠から南西ルンゼを経て羅臼岳を登る予定でしたが、横断道路が閉鎖されたためにルート変更しました。
4/30の大雪で重たい新雪30㎝、スノーシューだったので650岩峰までは地獄のラッセル。
あまりに時間がかかり、日没時間切れが頭を過りましたが、抜群の体力を誇るリピーター様はめげることなくクリア。
DSCN5438
極楽平からの羅臼岳

登山道は全て雪の下、ひたすらまっすぐ登りつめて大沢も羅臼平もパスして直登。
DSCN5462
岩清水は氷柱さえも覆われていました。ここでスノーシューをデポしてアイゼンへ。

DSCN5457
前日の湿った強風で山頂部は地面までエビの尻尾だらけ。見事な自然の造形です。

DSCN5491
縦走路は真っ白、まるで厳冬期の様相。

なんだかんだで5時間半で山頂へ
DSCN5494
念願の雪の羅臼岳ピークです!

5/5 知西別岳(羅臼湖ルート)
登頂した羅臼岳を違う山から見ようとのことで、知西別岳へ。
またも天気に恵まれる幸運なリピーター様。
DSCN5611
羅臼湖にて

大沢は積雪十分、途中からシーアイゼン装着できつい傾斜もスキーで登り切りました。
DSCN5622
羅臼岳と羅臼湖を眼下に

DSCN5629
山頂手前はハイマツが立ち上がっていましたが、雪を繋いでほとんど漕がずに済みました。
あと2~3日で山頂部は完全にハイマツで塞がれそうです。

DSCN5641
知西別岳も登頂!奥は遠音別岳。

下山し始めた途端、あっという間にガスにまかれました。
DSCN5649
視界なしの大沢滑降は慎重に

高度を下げると展望が開けました。
DSCN5657
羅臼湖に向かって滑降!
最後は雨に降られましたが、6時間で下山。

4日間の滞在中、羅臼岳、羅臼湖、知西別岳と3日間晴れた幸運なリピーター様でした。

GW期間中は天気に恵まれ、毎日知床峠付近を歩いていました。

5/3~5の羅臼湖スノーシュートレッキングツアーはこちらにUPしています。

5/6 天頂山火口湖めぐり
撮影目的のプライベートガイドです。
DSCN0508

DSCN0520

DSCN0523

DSCN0553

尾根はかなりハイマツが出てきましたが、最小限のハイマツ漕ぎでこの季節ならではの火口湖を巡ってきました。
これからどんどん雪解けが進み、次々と火口湖が出現します。
ハイマツ漕ぎを厭わないタフなツアーですが、5月末頃まで実施しています。
天頂山火口湖めぐり登山

5/7 知西別岳BCツアー
旧友が遊びに来たので、知西別岳へ。
DSCN0586

DSCN0590
途中で沢が切れて少しだけハイマツ漕ぎ

DSCN0603
羅臼湖と羅臼岳を一望できるこの眺めは何度来ても感動します。

普段は富士山や海外の山をフィールドにしているタフなお2人。
知床のロケーションに感激されていました。

知床横断道路が6/1に開通しました。
ここ2日で羅臼湖、知西別岳、天頂山とハイマツと格闘していました。
6/1 知西別岳
今シーズン最後の山スキーお散歩会に参加。
まだ雪の残る羅臼湖から知西別岳へ
hitokoma2013-62-1.jpg
羅臼湖畔で休憩中。
hitokoma2013-62-2.jpg
知西別稜線のハイマツと知床連山。
雪の切れた時点で引き返すつもりだったが、登頂希望メンバーに引きずられるようにハイマツ地獄に突入。
hitokoma2013-62-8.jpg
山頂にて
hitokoma2013-62-3.jpg
羅臼湖へ向って大沢の大滑降。
ここの眺めは何度来ても最高です。
6/2 羅臼湖~天頂山火口湖へ
昨年知床岳を登頂した常連のお客様、さらにヒドい藪漕ぎを強いられます。
朝知床峠の天気があまりに悪かったので、天頂山から羅臼湖へ行き先を変更。
羅臼湖まで歩いてきたら、ガスが晴れたので急遽天頂山へ登り返すことに。
hitokoma2013-62-4.jpg
羅臼湖を眼下に高度を上げるが、行く手にはハイマツ地獄が待っていた。
hitokoma2013-62-5.jpg
急斜面の登り、しかも逆向きのハイマツ帯はさすがに厳しかったです。
今日は合計1時間ハイマツと格闘してきました。
例年より雪が多いとはいえもう6月、天頂山の尾根筋はほとんど真っ黒です。
hitokoma2013-62-6.jpg
例年水がない火口も今日は見事な火口湖になっていました。
hitokoma2013-62-7.jpg
一番大きな火口湖にて。
小雨がぱらつき、時おりガスで視界がなくなりましたが、思ったより展望があり良かったです。
普段とは逆ルートの羅臼湖~天頂山火口湖探索登山、5時間は短くともハードでした。
下山後にお客様と祝杯を挙げたビールが最高に美味しかった!

昨日行けなかった知西別岳へリベンジ。歩き出しは小雨だったが、羅臼湖で晴れる。
hitokoma2011-518-1.jpg
羅臼湖対岸からの知西別岳。
大沢など上部は例年以上に雪が多いが、羅臼湖周辺は乗越沢がすでに出ており、渡渉ポイントに注意が必要です。
今日はなんと、スキーシールを忘れた。おかげで、
hitokoma2011-518-7.jpg
シーズリでつぼ足登山になってしまいました。反省。。。
hitokoma2011-518-2.jpg
羅臼岳と羅臼湖
hitokoma2011-518-3.jpg
山頂直下はハイマツ漕ぎ20分
hitokoma2011-518-4.jpg
山頂にて。遠音別岳をバックに
hitokoma2011-518-6.jpg
羅臼湖に向ってダイブする感覚の滑降は最高でした!
行動記録
9:30羅臼湖冬口~10:30羅臼湖~13:15山頂~15:30羅臼湖夏口
知西別岳は眺め良し、滑って良しの素晴らしい山です。