知床岳

3月後半に入り、知床岳のシーズンです。
昨年は相泊までの道路が通行止だったのでアプローチが大変でしたが、今年は道路も開通しており条件によっては日帰りも狙える状態です。

3/16に下見を兼ねて単独スキーで登ってきました。
天気も良く雪も締まっていて、5時間ほどで山頂へ
DSCN4731
山頂からの硫黄山もスッキリ

DSCN4725
知床岬方面は、まだ流氷が残っていました。

そして、3/19はリピーター様をお迎えしての本番。
本来は1泊2日の予定でしたが、2日目の悪天候が予想されるため急遽日帰りに変更。

早朝5時、日の出とともにスタート
DSCN4753
カモイウンベの二股は例年よりスノーブリッジが小さく4月までもたなそうです。

DSCN4761
羅臼側の海は雲海

雪はグサグサに柔らかくラッセル厳しかったですが、先行者のトレースにも助けられ3時間で標高650mの雪壁下へ。
ここからロープを出してアイゼンで直登、知床台地へ出る。
DSCN4771
風も収まり、心配された天気も何とか持ってくれました。

稜線で再度スノーシューへ履き替え、山頂までの長い道のり
DSCN4783
ポトビラベツの崖

そして7時間かかりようやく山頂へ
DSCN4786
念願の知床岳登頂!
3日前の流氷は全てなくなっていましたが、知床半島の形がよくわかる眺望は知床岳ならでは。
3年前に悪天候で知床連山縦走を断念したリピーター様、途中何度もめげそうになりながらも見事リベンジを果たしました。

下山にかかると天候は一気に悪くなり、なんと雨が降ってきた。
DSCN4794
雨に打たれながらの長い道のりは辛いものでしたが、無事日没前に下山。
苦闘12時間、疲労困憊でしたが、ゲストガイドとも充実感一杯の一日でした。

*今年は雪解けが早く、春の知床岳シーズン短そうです。
行かれる予定の方は早めがおススメですね。GWはもう雪解けてしまってる可能性が高いです。

常連様とともに、1泊2日で知床岳へ。
初日にBC設営して2日目にアタックする計画でしたが、初日の天気があまりにも良かったので、一気に頂上を目指しました。

知床岳はとにかく天気との勝負。冬期は羅臼岳が晴れていても、ここだけ悪いことが多い。
DSCN9426

DSCN9420
稜線でこんなに穏やかなのは奇跡です

DSCN9397
ポトピラベツの沢

DSCN9408
山頂から知床岬を望む
これで知床岳夏冬登頂のYさん

日没前にテントを設営して登頂祝い
DSCN9437
仲間に入れてくれ、と寄ってきたが拒否

DSCN9452
テン場からの日の出

久々に重装備の登山で体は悲鳴を上げていますが、ともあれ登れて良かったです。
ここはホントに登らせてくれない山なので。

おまけ
ルート上では、7年ぶりに新しい雪崩跡を見つけました。
この一帯では厳冬期に爆風を伴った大規模な泡雪崩が数年ごとに起きています。
今回はP474の尾根上にある樹木が爆風でなぎ倒されていました。
DSCN9379
おそらく厳冬期(1~2月)の大量の積雪で正面の沢が雪崩れ、爆風がここまで到達したものと推測されます。
その後に大量の積雪があったので、写真ではわかりにくいですが。

厳冬期の知床岳では、このルートは危険なので近づかないほうが賢明です。

今冬は忙しくて中々スキーができなかったのですが、今日は2ヶ月ぶりのスキー山行で知床岳へ行ってきました。
日の出と共に流氷ビッチリの相泊を出発。
hitokoma2014-312-7.jpg
樹林帯は新雪ラッセル。単独だと交代要員もいないので、消耗が激しい。
hitokoma2014-312-1.jpg
ここは雪崩が数年おきに起こっている場所で、樹木がなぎ倒されたまま。
今年は起きていない模様。2008年を最後にまだ確認してません。
天気は良いが稜線の風が強い。
700mでシートラ、40度の壁をアイゼンで登るがここも積雪がどっさり。あずって大変でした。
やっとのことで登りきる。このころから風が落ちて視界もクリアになる。
hitokoma2014-312-2.jpg
羅臼側の流氷
稜線に出ると知床岳が眼前に。
hitokoma2014-312-3.jpg
いつもはカリカリの稜線にも新雪が50cm。これから地獄のラッセル。
山頂までがながかった!
7時間かかってようやく山頂へ。クリアな知床連山が美しい。
hitokoma2014-312-4.jpg
知床岳山頂にこんな雪があるのは初めて。
hitokoma2014-312-5.jpg
知床岬方面
hitokoma2014-312-6.jpg
ウトロ側の流氷もまばらに
シールを外して山頂からのスキー滑降、雪が深すぎてスキーが潜ってしまい全然スピードが出なかったです。こういうときは幅広の板が良いんだろうなあ。
結局帰りもけっこうなラッセル強いられました。
それでも下山はかっ飛ばして2時間ほど。麓はバリバリのモナカ雪で足がパンパンです。
最高の天気に恵まれましたが、今までで一番キツかった知床岳日帰りでした。

1泊2日で知床岳へ。
相泊までの道路は、相変わらず番屋前で通行止です。
ので、自宅裏から山へ入り知床岳まで行くことにしました。
3/26 自宅裏からスタート
hitokoma2013-327-1.jpg
デブリに見えるのは、我が家の水道ホースを掘り返した後です。
ちなみに番屋の水道は24日に開通させました。
この日、山の上は轟々と風が唸っていた。
北浜岳~トッカリムイ岳をやめて、風裏の斜面をトラバースしながらオショロコツ川源頭へ。
ここから稜線へ出るつもりだったが、風が酷いので早々と停滞する
hitokoma2013-327-2.jpg
H300、昼にはテント張ってひたすら読書してました。
読みたかったハードカバー(重い!)をやっと読了。
夜には風も止み、翌日3/27は予想どおり良い天気。
hitokoma2013-327-3.jpg
国後から昇る朝陽
hitokoma2013-327-4.jpg
稜線に出たらハイマツが予想以上に出ている。
スキーが引っかかって歩きづらいが、強引に突破
稜線から相泊沼が見えた。
hitokoma2013-327-5.jpg
根室海峡にもまだ流氷はかなり残っていた。
知床岳までの稜線は意外とアップダウンがあり、かなり消耗した。
hitokoma2013-327-6.jpg
P862(通称双子山)から知床岳を望む
出発から7時間、番屋から10時間かかりようやく山頂へ
雪は緩んでスキーで山頂まで上がることができた。
hitokoma2013-327-7.jpg
山頂から知床岬方面
快晴微風、こんな穏やかな知床岳は珍しい
hitokoma2013-327-8.jpg
斜里側の流氷
hitokoma2013-327-9.jpg
山頂から気持ちよく滑ることができたが、荷物が重いのでヨロヨロ、かなり足にきていた。
ヘロヘロになりながら17時までかかってようやく自宅へ下山。
全行程30kmの縦走は良い訓練になりました。

3/17単独、知床岳へ
日の出と共に出発、天気は高曇りだが、南風で気温高め。
hitokoma2012-317-1.jpg
40度斜面の急登
この後、ガスにまかれるが稜線へ出ると晴れてきた
hitokoma2012-317-2.jpg
奥が知床岳。人のようなモニュメントがお出迎え
だんだん風が強くなるが、スキーのまま山頂到達!
hitokoma2012-317-3.jpg
知床岬方面。流氷はだいぶ減りました
hitokoma2012-317-4.jpg
東岳・硫黄山、今日は奥の羅臼岳まで見通せた
hitokoma2012-317-5.jpg
写真では伝わらないが、これでも南からの強風で立っているのがやっと。滞在10分ですぐに下山!
雪は軟らかく山頂から気持ちよく滑ることができたが、H1000以下は最悪のモナカ雪で足がパンパンになりました・・・
積雪期は4年ぶりの知床岳山頂でした。(前回2008年
こんな近くに住んで毎年数回はアタックするけど何故か天気に恵まれなかったのです。
行動記録 スキー、スキーアイゼン、アイゼン、ピッケル使用
5:00相泊~8:00H650シートラ地点~9:30H1000稜線~10:30山頂10:40~13:30相泊
*知床岳情報 カモイウンベ右岸尾根ルート
・カモイウンベ川二股渡渉は十分な積雪で当面大丈夫。
・H650~H950尾根のハイマツは例年並みに出てきている(雪が多い今年でも尾根上は例年並み)。踏み抜き注意。
・数年毎に発生するカモイウンベ川源頭H950沢形の雪崩ですが、今年は起きていない模様。フォールライン上での行動、幕営には充分注意。4年前の泡雪崩れはH200の尾根末端まで爆風が到達しています。