硫黄山

ここ1週間は悪天候や暑さとの闘いでした。

7/23 羅臼岳
朝から雨でしたが、行けるとこまで行きましょうとのことで出発
DSCN2732
ウトロ側大沢の雪渓もまだまだ残っています。

「あともう少し、あと少しだけ頑張る!」と言っている間に登頂。
DSCN2735
山頂ではガスが晴れて一瞬連山も見えました。

7/25 硫黄山
昨年途中下山だったリピーター様は、今年も硫黄山へ再チャレンジ。
この日は朝からピーカン、暑さとの闘いでした。
DSCN2762
展望は抜群、だけどそれよりも何よりも
DSCN2777
この一等三角点に出逢いたかったのです。
全国の一等三角点を巡って数十年、御年74歳!の目的を達成することができて良かったです。

7/27 斜里岳
昨年、知床連山縦走を果たした常連様と、斜里岳へ
前日まで新谷さんの知床エクスペディションに参加していたというパワフルなお方です。
DSCN2811
久々の竜神の池。この日も風がなく暑かった!

DSCN2807
山頂はガスに覆われていましたが、沢登りを堪能されたようです。

おまけ
7/25の硫黄山山頂岩場では
DSCN2772
エゾオコジョ(たぶん)のお出迎え。
至近距離で遭遇も、向こうは人間が珍しかったのでしょうか?しばらく見つめあってしまいました。

知床硫黄山へ

DSCN2031
シレトコスミレ。今年も出逢えました。

DSCN2051
山頂にて。空気が澄んで斜里岳まで見通せました。

DSCN2081
第一火口野営地は例年以上の積雪で、フードロッカーもテントサイトも全て雪に埋もれています。
昨日は雪の上にテントを張り、フードコンテナ持参しました。

DSCN2071
第一火口での朝焼け

DSCN2109
稜線を越えてルサの鞍部に流れ落ちる雲

DSCN2080
突然目の前に現れたギンザンマシコ

今回はゆっくり撮影したいとのリクエストをいただき、一泊二日かけて山頂~第一火口まで往復。
花も景色も最高で幸運な2日間でした。

6/28現在の登山道
硫黄沢はまだほとんどが雪渓に覆われています。雪の状態によってはアイゼンが必要になりますので念のため持参したほうがよいでしょう。
昨日はかなり雪が固くてアイゼンを使いました。
硫黄沢源頭~大岩分岐~山頂にかけては木杭とロープ、ペンキなどでルートが明示されていますので見落とさないようにしてください。
登山道を整備してくださった関係者に感謝です。

硫黄山は日帰りと一泊でガイドしています。
登山口の利用期間が限られていますので、ご注意ください。
知床硫黄山登山ガイド

知床の山はすっかり秋めいてきました。
涼しくて快適な登山日和が続いています。
9/2 羅臼岳
hitokoma2014-97-1.jpg
75歳のご高齢、雲海の山頂へ。
9/6 硫黄山
9/7 斜里岳
hitokoma2014-97-2.jpg
昨年羅臼岳登頂のリピーター様。今年は硫黄山と斜里岳に登頂です。
ちょうど一等三角点を巡る方々と一緒になり、三角点標識付で。
hitokoma2014-97-3.jpg
斜里岳は沢の水量が例年より多めで、なかなか楽しめました。
おまけ
hitokoma2014-97-4.jpg
硫黄山山頂直下の大岩。
最近ここで右のウブシノッタ沢に迷い込む遭難が相次いでいます。
(ルートは左に曲がって硫黄沢を下るのが正解)
晴れていればなんてことのない場所も、ガスで真っ白になると杭や標識を見落としがちなので注意しましょう。

今日の硫黄山は素晴らしい展望でした。
hitokoma2013-714-1.jpg
硫黄沢の雪渓はまだ1km以上残っています。
hitokoma2013-714-2.jpg
山頂直下の急登は落石注意
hitokoma2013-714-3.jpg
山頂からは羅臼岳、斜里岳、遠くに阿寒岳まで見通せました
hitokoma2013-714-4.jpg
硫黄山登山道沿いのシレトコスミレは2株だけまだ開花していました
おまけ
hitokoma2013-714-5.jpg
ギンリョウソウ(ユウレイタケ)

今日はリピーター様と硫黄山へ
hitokoma2012-712-1.jpg
生憎の雨模様で新噴火口までのトレッキングとなりましたが、展望は開けていました。
この山は30分登ると視界が開けて、気持ちの良い展望と荒涼とした火山の景色が楽しめます。
知床硫黄山登山ガイド
幸いヒグマには遭いませんでしたが、帰りにこんなものを見つけてしまいました。
hitokoma2012-712-2.jpg
ヒグマの頭骨。直径20センチに満たないので、子クマのものと思われます。
山を歩いていても普段はめったにヒグマの骨は見かけません。
彼らはどのような最後を迎えているのか興味深いですね。