雌阿寒岳

4日ほど遠征に出ていました。
昨年トムラウシをご一緒したお客様と、阿寒摩周の山巡り。
西別岳~摩周岳(カムイヌプリ)縦走
hitokoma2011-828-1.jpg
幻想的な森を歩く
hitokoma2011-828-2.jpg
トリカブトの群落。
西別岳~摩周岳登山道では秋の花がたくさん咲いていました。
hitokoma2011-828-3.jpg
カムイヌプリ山頂にて。残念ながらガスと雨で視界なし。
「霧の摩周湖」でした。
雌阿寒岳登山
hitokoma2011-828-4.jpg
オンネトー
hitokoma2011-828-5.jpg
山頂より阿寒湖、雄阿寒岳
hitokoma2011-828-6.jpg
阿寒富士と青沼
最後に素晴らしい晴天に恵まれ、山頂からの絶景に歓声をあげる。
終わりよければ全て良し。お疲れ様でした!

8/27~29の3日間、登山家の田部井淳子さんのツアーガイドをさせていただきました。
田部井さんは、世界初の女性エベレスト登頂、七大陸最高峰登頂を成し遂げた有名な登山家です。
現在も世界中の山を舞台に精力的に活動されています。
田部井淳子さんのオフィシャルサイト
8/27は雌阿寒岳。あいにくの天気で山頂は強風でしたが、皆さん元気に登頂。
hitokoma2009-829-1.jpg
hitokoma2009-829-2.jpg
メンバーに手作りのお菓子を振舞う田部井さん
8/28 メインの羅臼岳登山。
ガス、雨、強風と厳しいコンディションでしたが、13時間かけて何とか登頂できました。
日没ギリギリの18時に下山。メンバーも高齢者の方が多かったですが、皆さん田部井さんと共に世界中の山を登っているだけあって無類の粘りを発揮、最後はオホーツクの夕陽が素晴らしくドラマティックな一日となりました。
田部井さんは、以前からトイレ、ゴミ問題など山の環境保全に取り組んでいます。
今回も全員携帯トイレ使用にご協力いただき、羅臼岳の携帯トイレ普及に一役買っていただきました。ありがとうございます!
8/29 最終日は羅臼湖トレッキング。
最後にやっと晴れて羅臼岳や知西別岳が顔を出してくれました。
hitokoma2009-829-3.jpg
羅臼湖トレッキングは皆様にかなり好評でした。
昨日の厳しい羅臼岳とともに良き想い出になっていただけたようです。
ハードな仕事でしたが、田部井さんやお弟子さんに世界の山のお話を聞くこともでき、現在世界中の山を席巻している中高年パワーの中心にいる方々から元気をいただいた3日間でした。

羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳3連荘でした。
7/20 羅臼岳
hitokoma722-1.jpg
スタートは雨でしたが、頂上で見事に晴れました。
hitokoma722-2.jpg
エゾツツジ、チシマクモマグサが満開でした。
山頂直下雪田群落は遅咲きのチングルマ、エゾノツガザクラが見頃を迎えています。
その他、コケモモ、イワギキョウ、リンネソウ、チシマノキンバイソウなど。
タカネトウウチソウが早くも咲き始めています。
7/21 斜里岳
hitokoma722-3.jpg
雨模様でしたが、次々に現れる滝を見ながらの沢登りにご満悦。
新道の下りは最近の悪天でぬかるみがひどく、ドロドロになりながらの下山でした。。。。
hitokoma722-4.jpg
山頂付近はヨツバシオガマをはじめ、チシマギキョウ、ミヤマオダマキ、たくさんの高山植物。
まだまだ花が良い時期です。
7/22 雌阿寒岳
hitokoma722-5.jpg
今日もぱっとしない天気でしたが、疲れ知らずの御一行は元気に登頂。
下りにようやくオンネトーが姿を見せてくれました。
hitokoma722-6.jpg
羅臼岳山頂にて

道東にある日本百名山を三連チャン!
7/6 羅臼岳 この日は山開き。これ以上ない晴天で多くの登山者で賑わっていました。
hitokoma78-1.jpg
とにかく暑い1日でした。
7/7 斜里岳 ものすごい強風でしたが、なんとか登頂
hitokoma78-2.jpg
つかまっていないと飛ばされます。。。
7/8 雌阿寒岳 眺望は望めませんでしたが、気持ちよい風の中、全員登頂
hitokoma78-3.jpg

どの山もたくさんの高山植物が咲き乱れていました。
お花を見るなら今が最高ですよ。