流氷

天候と海況に恵まれないとなかなかできない流氷カヤック。
良いタイミングでお声掛けいただいたので、数年ぶりに漕いでみました。

2/28 羅臼前浜(海岸町・北浜付近)

流氷本体は沖へ去り、岸近くの残氷を狙って出艇


知床岳をバックに。
富良野からやってきた友人は、普段厳冬期の空知川を下るほどのベテランです。

3/11 羅臼前浜(幌萌付近)

国後側で盛り上がった流氷本体が、羅臼前浜へ一気に流氷が押し寄せてきました。
朝方、僅かにあった開水面を狙って、我が師匠とともに漕ぎ出しました。

このような好条件は数年に一度です。1時間ほどで岸まで流氷が押し寄せたのであっという間に終了。
短いけど至福の時間でした。

おまけ

同日、羅臼の漁船が流氷に阻まれて帰港できず、海保の砕氷船が救助活動を行う事態となりました。
ニュースでも大きく報道されました。震災から6年の3.11は記憶に残る1日です。

常連様を迎えて、2日間のトレッキング。

初日は流氷を求めてウトロまで。
DSCN4400
一面の流氷原

DSCN4409
男の涙にて

DSCN4437
流氷を眼下にランチタイム

2日目は藻琴山へ
DSCN4455
平日でもスキーヤーや登山者がちらほらと。
雪は良いし、展望も抜群でお手軽に登れるので人気がある山です。

DSCN4480
風が冷たいので、ツエルト張ってランチタイム

DSCN4484
この山は樹氷がいいですね~

おまけ
DSCN4415
流氷と氷瀑とエゾシカ

今日はプロカメラマンをゲストにロケーションガイド。
羅臼から道東をぐるっと一回り500㎞走破してきました。

野付半島にて夜が明ける
DSCN4161
夜明けの月

DSCN4170
ナラワラ

DSCN4197
摩周湖

ようやく今シーズン初の流氷
DSCN4216
斜里海岸

DSCN4248
象の鼻

DSCN4267
フレペの滝

DSCN4285
流氷原に沈む夕日

どこに行っても最高のロケーションで、冬の道東を楽しんでいただけたようです。

おまけ
DSCN4257
シカにちょっかいを出すキツネ

まもなく5月ですが、羅臼の海はまだ流氷に覆われています。
hitokoma2014-425-1.jpg
知床岳をバックに。山はまだまだ雪が多い。
数十年前は5月連休までこのような光景があたりまえだったそうですが、今年の勢力はそれ以上とのことで、漁業者は船が出せなくて大変です。
浜ではカモメが大宴会
hitokoma2014-425-2.jpg
打ち寄せられたオキアミに1000羽以上群がっていました。
こんな組み合わせも
hitokoma2014-425-3.jpg
なかなかお目にかかれません。

道路は昨日10:00に開通しました。思ったより早くてラッキーです。
今日は良い天気なので、山に登って流氷チェック。
hitokoma2013-21-1.jpg
国後沖の流氷は南風で陸に寄ってきています。
ここは流氷と知床連山の素晴らしいビューポイントなので毎年この時期に来ています。
hitokoma2013-21-2.jpg
今日は雲に覆われていますが、知床連山が間近に見える絶景ポイント
単独で行くと景色だけの写真になってしまい、どうもイマイチなのでセルフタイマーで一枚。
hitokoma2013-21-3.jpg
ここまでスキー、スノーシューで2時間ほど。往復4時間の軽登山です。
1人で行くにはもったいない場所なので、ガイドのご依頼お待ちしています!
(下記サイトには掲載されていませんが、おまかせコースでお引き受け可)
知床のスノーシュートレッキング