野生動物

ここ数日は知人友人のスノーシュー、スキー、ロケーションガイドでした。

3/5 北浜岳スノーシュー登山
近隣住民をご案内して裏山へ。
運よく両側の海に流氷が見られました。


東岳


ルシャ沖の流氷


国後と根室海峡の流氷

この山はかなりの急登。
グリップの効いた登山用スノーシューが必要ですが、4時間ほどでこの景観を味わえる我が家の裏山です。
知床羅臼のスノーシュートレッキングガイド

3/7 東岳バックカントリー

20年ぶりに再会した友人とともに東岳へ


しんしんと降り積もる雪でラッセルに苦労しましたが、流氷を眼下に、季節外れのフカフカパウダー!
初めてのBCとパウダースノーを堪能していただきました。

3/8 動物観察ツアー
翌日は北海道らしい景色と動物を求めて野付半島へ

残氷がまだ見られました。バックは知床連山。

抜群のロケーションとたくさんのシカやキツネに出逢えました。


帰路はお約束のタンチョウ

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
今年も皆様の良きサポート役が果たせるよう精進して参ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
DSCN3419
元旦の羅臼漁港にて

大晦日は番屋に友人を迎えて、こじんまりと年越ししました。
DSCN3361
差し入れの焼き鯛が美味い!

元旦は動物観察ガイド
DSCN3375
羅臼を端から端まで走り回って、キタキツネ、トド、オオワシオジロワシなどの野鳥を観察しました。

DSCN3412
最近また疥癬が流行しているようで、痛々しいキツネが多かったです。

1/2はリピーター様とスノーシュートレッキング

今年の登り初めは藻琴山へ。
DSCN3440
スタートは晴れでしたが、山頂はガスと強風で厳冬期の様相。

DSCN3444
のんびりお散歩のはずが、冬山訓練になってしまいました。

弟家族が初の来羅です。
厳冬期の知床へ、なんと0歳児を連れてきました。
小船をチャーターしての流氷、ワシ観光。
hitokoma2014-31-1.jpg
子供は船上でずっと寝てました。
キタキツネにも
hitokoma2014-31-3.jpg
無反応。
エゾシカに寄っても
hitokoma2014-31-2.jpg
まったく関心なし。
ちなみに私にはよく懐いてくれました。
少なくとも野生動物より関心を持ってくれてホッとしております。
滞在している間は暖かく天気にも恵まれて何よりでした。
初めての流氷や野生動物に感動しまくりの弟夫婦を尻目に、マイペースな甥っ子の子守は楽しい時間でした。
おまけ
hitokoma2014-31-4.jpg
エゾシカだらけの野付半島

昨年からスタートした知床海獣ツアー、今年も始まっています。
今日は絶好のコンディションの中、試乗会に参加してきました。
hitokoma2014-18-1.jpg
hitokoma2014-18-2.jpg
hitokoma2014-18-3.jpg
50~60頭の群れ2つに遭遇、計100頭以上のトドを観察できました。
間近で見るトドは迫力満点、唸り声は恐怖を覚えるほどです。
厳冬期の早朝ツアーなので、とても寒いです!防寒対策は万全にしてお越しください。
今日は奇跡的に暖かくて最高のツアー日和でした。
トドは流氷が来る2月中旬まで羅臼の沿岸部に留まっています。
ツアーのお問い合わせやお申し込みは羅臼観光協会まで。