この週末は2日間ウトロへ遠征してきました。

2/25 知床五湖ツアー


最高の天気に恵まれた幸運な方々です。

2/26 ウトロ一日ツアー

午前中はフレペの滝へ。
氷瀑は一部解けていましたが、流氷はびっしりでした。


午後から知床五湖へ
残念ながら連山は雲の中でしたが、粉雪の森は癒されます。


3度目で念願の流氷に出逢えたリピーター様。


流氷に沈む夕日もウトロならではの光景。

おまけ

2日間同じ場所で被写体になっていたおねだりギツネ。
餌はやらないでくださいね。

羅臼にも流氷がやってきました。
雪山トレッキング半日コース実施してます。

2/16 北浜岳コース

前日に流氷が接岸、天気にも恵まれ最高の条件でした。


眼下に流氷帯


東岳やルサの稜線を眺めながらの軽登山です。

2/18 熊越の滝コース

温泉が湧いています。足湯ならちょうど良い温度。


冬は川を渡渉するルートが近道。


熊越の滝にて。
強風が吹き荒れる一日でしたが、森の中ではゆっくりランチタイム取れました。

以上は雪山やスノーシューが初めての方でも参加できる3時間程度のコース、
午前中の観光船乗船後や、エクスプレスバスにも対応しています。

ご無沙汰しておりました。今後は定期的にUPする予定ですのでよろしくお願いいたします。

今冬の羅臼は雪が少ないですが、流氷も到来していよいよ冬のシーズン本番を迎えております。
相泊方面は以前通行止が続いており、羅臼の行き止まりは我が家から数百m先の熊岩ゲートになります。

2/5 裏山(北浜岳)へ
めったにない快晴。そろそろ流氷が知床岬を回り込んでくるころなので、登って探しましたが残念ながらまだ来ていませんでした。
でも斜里側ルシャ沖の流氷はバッチリ見えました。

山頂直下の雪庇


山頂からの国後。流氷は見えず。


東岳とルシャ沖の流氷


素晴らしい天気で羅臼岳まで見通せました。

玄関からスノーシュー履いて往復3時間ほどで登れる裏山ですが展望抜群です。
ただ、今年は雪が少なくてササがまだ出ておりスキーはまだ厳しいですね。

2/6 東岳へ
山岳会メンバーで山スキー。相泊沖に流氷が視認できました。2/6が今年の羅臼流氷初日ですね。

わかりにくいですが、沖に僅かな流氷帯が見えます。


標高800mでガスにまかれたのでここで終了。樹氷が美しい。


上部はガリガリですが、中腹からパウダーも楽しめました。

更新ご無沙汰しておりました。
今年は冬の訪れが早く、すっかり雪景色の羅臼です。
dscn9019
最近は毎日薪割り作業をしながら、体が鈍らないように週に一度は山へ行く日々です。

11/7は雌阿寒岳へ。
一昨年11月に登ったときはほとんど雪がなかったのですが、今回はすっかり冬山でした。

雌阿寒温泉から入山、樹林帯はくるぶし程度の積雪でした。
dscn9044
雪の被ったハイマツを漕ぐ

dscn9065
オンネトー

途中30㎝以上のラッセルでしたが、先行者のトレースにも助けられ3.5時間で山頂へ
dscn9108
雪のポンマチネシリ火口と阿寒富士

dscn9117
阿寒湖方面

dscn9130
山頂体感気温は-10℃位。
一日中氷点下の真冬日でとても寒かったですが、天気にも恵まれた冬山初めでした。
山頂付近はすでに雪が固いのでアイゼン必要ですね。

おまけ
dscn9156
オンネトーに映り込む雌阿寒岳と阿寒富士

羅臼岳(羅臼温泉ルート)、最後の登山道整備はすでに冬山でした。

一昨日から降り積もった雪は標高500mから登山道を覆い隠し、多いところでは30㎝のラッセルを強いられました。
dscn8561

dscn8577
森林限界を超えると完全に冬山

dscn8569
今日は環境省レンジャーと警察関係者が同行し、地名の確認、遭難しやすい場所を共有するなど情報交換できました。
羅臼に2年半赴任していた環境省レンジャーは今月で移動することになり、送別山行も兼ねてます。
彼とは知床岬巡視や登山道整備で何度も同行しました。雪の羅臼岳が良い餞別になったでしょう。
今日は厳しいラッセルに11時間行動、大変お疲れ様でした!
新天地でのご活躍をお祈りしております。

羅臼温泉ルート登山道情報
登山シーズンもほぼ終わり、今日は「屏風岩迷い込み防止ロープ」と「お花畑分岐標識」を撤去しました。
dscn8594
この屏風岩迷い込み防止ロープは撤去しましたので、羅臼に下山する際はこの標識から右方向へ下りてください。

dscn8528
今夏から新調したお花畑分岐標識ですが、雪圧で折れてしまうので着脱式になっています。
この標識は今日撤去しました。(さっそくヒグマに齧られていました笑)

ここから岩清水までの直登ルートはコースロープが数か所切れて不明瞭になっています。
どのみちこれからは雪で登山道を辿ることは難しいので、今後は地図とコンパスでルートを定めてください。

今後は明るい時間帯は11時間を切ります。
日の出から日没まで歩いてもこのコース往復は厳しい季節ですので、登山計画は慎重に立ててください。